h1top

h1perio

perio01

歯周病は日本人が歯を失う原因の第一位ということをご存知でしょうか?

歯周病はSilent Disease(無症状疾患)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状がなく気がつかない間に進行してしまうことがあります。

・歯磨きの時に出血する
・歯肉が赤く腫れている
・口の中がねばねばする
・歯が長くなった気がする
・口臭が気になる
・歯がぐらぐらする
・歯と歯の間に食べ物がよく詰まる

これらは歯周病の症状で現れる事があります。

1.実は骨の病気

歯周病は初期の症状が歯肉の症状として現れることが多いので歯肉の病気のように思われますが、実は歯を支えている歯槽骨と言われる骨が歯周病の原因菌によって溶かされてしまう骨の病気なのです。

歯肉が炎症を起こしていても、歯槽骨に炎症による骨吸収が起こっていない場合は歯肉炎と言い、適切な治療を行うことによって治ります。

しかし、一度歯周病で溶けてしまった骨は再生することがとても難しくなってしまうのです。

perio04

2.歯周病の治療

・プラークコントロール(ブラッシング)
・スケーリング
・ルートプレーニング
・歯周外科・再生療法
・抜歯

歯周病の原因は口の中に存在する嫌気性菌による感染症です。

これらの細菌は歯と歯茎の間の歯周ポケットや歯石、プラークの内部に存在します。

歯周病の原因は細菌による感染症なので歯周病菌少なくする事が大切です。

プラークコントロール(ブラッシング)

歯周病治療の第一歩になるのは毎日の歯磨きです。

特に寝ている間は口の中の細菌が増殖しやすいので夕食後の歯磨きは重要です。

また、毎日歯磨きをしていても磨き残しがあると虫歯や歯周病になってしまうので歯科医院でブラッシング指導を行いご自分に合ったブラッシング方法を学んでいただきます。

スケーリング

perio03

どんなに歯磨きが上手な方でも毎日少しずつ歯ブラシでは落とせない歯石などが付着してきます。

歯石はプラークに唾液中のカルシウムの成分が混ざり石灰化したもので、放っておくと表面に細菌が生息しやすくなり歯肉に炎症を起こす原因になります。

歯石は超音波スケーラーやキュレット等を用いて取り除き、歯の表面を滑らかにし再び汚れが付きにくいようにします。

ルートプレーニング

長期間歯石の除去を行っていないと歯石が歯の表面だけではなく、歯周ポケットの内部にまで及んでしまいます。麻酔などを行い歯周ポケット内の歯石を取り除き歯根面を滑らかな状態にして再び歯石が付着するのを防ぎます。

歯周外科・再生療法

ルートプレーニングでは取りきれないような深い歯周ポケット内部の歯石を外科的に除去します。

また、歯槽骨の形態を平らに整え部分的に歯周ポケットが深くなる事を防ぎます。

また、保険治療適用外になりますが、部分的に進行した歯周病に対して骨再生を促すような薬剤を使用し、失った歯槽骨を再生させる再生療法を行うことができます。

抜歯

歯周病がひどく進行してしまった歯は抜歯する必要があります。天然の自分の歯は極力抜かないように治療していきますが、一度大きく進行してしまった歯周病は周りの歯を巻き込んで歯周病を広げてしまうので、歯周病がより広がらないように原因の歯を抜歯する事もあります。

3.歯周病は全身疾患に影響する

・心筋梗塞
・脳梗塞
・心内膜炎
・糖尿病
・低体重児出産
・肺炎

歯周病は口の中だけの病気ではなく、これらの疾患の増悪因子になります。

また、喫煙者は非喫煙者に比べ歯周病が進行し易く治りにくいことが報告されています。

4.薬を使った歯周病治療

「歯周病は‘薬だけ’では治らない」

perio02

歯周病の原因は細菌による感染症ですが、抗菌薬だけでは歯周病を治すことはできません。

歯周病菌が作り出す毒素が歯周組織に炎症を引き起こし歯周病が進行しますが、抗菌薬によって歯周病菌が死滅しても歯周病菌自身が歯周組織に炎症を引き起こすので(内毒素)、死滅した細菌も取り除くことが必要です。

歯周病の治療は抗菌薬の内服や、Poic Waterを併用し歯周病治療を行うことで効果的に歯周病菌の除去を行う事ができます。

抗菌薬は単独では効果が不十分ですが、Poic Waterを使ったスケーリングやルートプレーニングと併用することで歯周病菌を殺菌しながら口の中から取り除くので、歯肉の炎症が消失し、歯周ポケットが浅くなり、ホームケアでの歯周病のメンテナンスが行いやすくなります。